酵素青汁111選とファンケル製青汁との比較

酵素青汁111選を徹底比較!

酵素青汁111選とファンケル製青汁との比較

酵素青汁111選とファンケルの青汁を比べてみて、酵素青汁111選には甘味料が少ないのが特徴だと言えます。
ファンケルの青汁をよく見ると、甘味料などが配合されている物もあります。
青汁に甘味料を必要とするのは、それだけ青汁の飲みにくさを解消する目的もあるでしょう。

ファンケルの青汁は、水に溶かして飲む一般的なタイプです。
それだけ飲む分量も多くなりますから、飲みやすさは重要。
特に何の工夫もしなければ、溶かしてできるドリンクは青々とした青汁で、苦みや青臭さはどうしてもあります。
そのままでは非常に飲みづらいですから、それを少しでも解消するため、甘味料などが入れられることもあるわけですね。
こうすれば、甘みで味が解消され、本当に野菜だけで作った青汁よりもずっと飲みやすくなります。
その代わり、その青汁を飲むと一緒に糖類や甘味料も取ってしまうわけで、ダイエットのためのカロリー制限や、血糖値などを気にされている方には重要な問題となるでしょう。

糖類や甘味料があまり含まれていない青汁がよければ、酵素青汁111選の方が向いていますね。
コチラなら糖類などは少なめです。
そもそもドリンクタイプではない酵素青汁111選は、砂糖類や甘味料を入れる必要性が少ないのです。
酵素青汁111選は小さな錠剤タイプですので、味や臭いがそもそも少なめ。
簡単に飲み込めますから、後味もほとんどありません。
そのため、青汁自体の味を整えるためだけに、糖類などを入れる必要性が少ないのですね。

以上のように、ファンケル製の青汁には飲みやすいように成分が調整されているものもありますが、それらと比べると、酵素青汁111選の糖類の少なさがよくわかります。